サービス・その他
 096−352−5313
 
 熊本市中央区安政町2−35
 鬼木 泰元
 
 蓮政寺は慶長三年、加藤清重公一門の菩薩寺
 として建立せられた名刹であり細川忠利公も
 肥後入国と同時に礼を厚うして敬意を表され
 ました。その折おみやげとして蓮政寺に百石
 、日遥上人隠居料として百石計二百石の目録
 を与えられました。加藤清重公は幼名喜太郎
 、喜左衛門清重と言われ、いすれにしても清
 正公の重臣(叔父)であります。清正公は二
 十余才で肥後の国主となられやがて朝鮮役に
 出陣、九ケ年間留守をせられました。その間
 清重公は留守役として肥後の政治を執られま
 したが蓮華のような立派な政治を執られたと
 云う意味でこの菩提寺を蓮政寺と称するので
 あります。

         【蓮政寺境内】